お知らせ

始業式での校長先生のお話から

始業式で校長先生から、全校のみんなにがんばってもらいたい3つのお話がありました。本校の卒業生でこの夏に甲子園出場を果たし、大活躍された松商学園主将の藤井大地さんのお話を柱に、お話をいただきました。

「1つ目,自分の力でがんばる。…打てなくても,諦めずにバットを振って練習していた大地君と同じです。自分の力でがんばる。2つ目,友だちを助ける。友だちから学ぶ。…大地君はキャプテンとしてチームのみんなに声をかけたり,友だちから声をかけられ,励まされたりしてきたと思います。仲間と一緒にがんばることが大事だということです。友だちを助ける。友だちから学ぶ。3つ目,次の時間につなげる。…大地君は毎日毎日,結果が出なくても,練習を続けていました。1時間の学習が終わったからといって,それが終わりになるのでなく,わからなかったことやもっとやってみたいことを次の時間までに調べたり予習したりしてくということです。「もっとやってみようっと」をいくつも増やすために,この3つを,それぞれの2学期の目標として覚えてがんばってください」

2学期も全校みんなではりきって進んでいきたいと思います。