お知らせ

ドキドキの電車遠足 天気も味方 完璧2年生

初めて電車に乗る子もいた今回の電車遠足。信濃常盤駅、安曇沓掛駅、信濃松川駅と、通過する駅の数はほんのわずかですが、

①切符はどうやって手に入れるの?

②どうやってホームに行くの?

③どこでどんなふうに電車を待つの?

④電車が来たけど、どうやって乗るの?

⑤乗ったらどこにいればいいの?空いている席には座っていいの?

⑥いつ、どのタイミングで下りるの?

⑦下りたら切符はどうしたらいいの・・・・・。

一つ一つがすべて「?」なんですね。大人にとってあたりまえの一つ一つを、ドキドキしながら体得していった2年生でした。

ちひろ美術館では、美術館の方が用意してくださった「探検シート」を手掛かりに、真剣に見学できました。お財布に入っているお金でポストカードも買いました。「妹がきっと気に入ってくれそう」「これはお母さんにぴったり」と、家族に喜んでもらえそうなデザインのはがきを選ぶ姿もほほえましかったです。

お弁当は美術館の芝生の上で、友達と楽しく食べることができました。友達を誘いあって自然とグループをつくって昼食をとっていました。

帰りの道中。だんだん疲れが見えてきたのですが、「♪~たとえば君が傷ついて、くじけそうになったときは、必ず僕がそばにいて、支えてあげるよその肩を~♪」なんて、『ビリーブ』を歌ってみんなで励ましあいながら頑張って歩きました。

松川図書館では読み聞かせをしていただいたり、公園で元気に遊んだりして、再び元気を取り戻しました。そしてなんとか全員、無事に松川駅に到着。帰りの切符を買う時になって「お金がない!」と悲しげな声を上げた子もいましたが、よく探したらポケットの奥の方に大事にしまってありました。その子の「ホッ」とした顔も印象的でした。

今回の遠足は、電車や美術館、図書館など、公共施設の利用の仕方も学習の一つでした。夢中になって、うっかり走ってしまったり、ちょっと声が大きくなってしまう場面もありましたが、すぐに「あっ!」と気づいて立ち止まったり、互いに注意しあったり、友達同士声を掛け合ったり、ずいぶんと成長した姿も多々見られました。そして「みんな、やるじゃん!できるじゃん!」とうれしくなりました。2年生。

この遠足の成果をおおいになる自信にして、さあこれからの学習に活動に、どんどんチャレンジしていきましょう!