お知らせ

対話的な学びの姿-雨の日の教室- 地域の方のお力添えに感謝 -PTA作業-

:oops: 8-O 昨日の汗ばむような晴天から一転、今日はしっかりと雨が降っていますね・・・。梅雨入りでしょうか。

さて、教室をまわってみますと、どのクラスからも元気な声・声・声。あるクラスに入りますと「算数」の授業中、互いの学びを共有しあっている場面でした。自分の「発見」「気づき」を語り合っていました。聴きあっていました。まさに「学び合う」姿を見ることができました。「主体的・対話的で深い学び」をめざして、毎日授業に取り組んでいますが、普段からの学級経営がしっかりできていないと、このような授業にはなりません。生き生きと学んでいる子どもたちの表情が、とてもいいですねえ。

 

さて、PTA学級会長部が中心となって、5月31日(金)の夕方16:30から1時間、春のPTA作業が行われました。今回は5・6年児童と1・3・5年生の保護者の方、更にはコミュニティースクール地域コーディネーターの呼びかけにより、地域の方数十名にご参集いただき、大勢の手で作業を進めていただきました。

校庭や花壇、岩石園周辺の草取り、東マラソンコースや南・北駐車場の整備、いこいの広場や草置き場の整頓、校舎内のすべてのトイレ清掃と窓ふき、砂場に新しい砂の搬入と地ならし等、ありとあらゆる場所の作業を進めていただきました。雨が心配でしたが、日ごろの行いが良いせいか、まったく影響なく予定通り全作業を終了させることができました。作業中、親子で「南小」について語り合う姿も方々で見られ、親子の絆も深まりました。また、今回も地域の方にも大勢お手伝いに来校いただき、おかげさまで予定した時間よりも早く作業を終了させることができました。環境の整った中、のびのびと学習に運動に取り組める本校の子どもたちは幸せだなあ、と実感致しまた。次回は11月9日(土)を予定しております。2・4・6年の保護者の方、5・6年生、そして地域の方のお力添えをお願いしたいと思います。ご協力の程よろしくお願い致します。

 

最後に 恒例の「今日の下駄箱」雨でしたので、下ばきはぐっしょり濡れています。長靴も多いですね。でも、やっぱり「かかとがそろっています」「かさも、きちんと整頓されています」今日も、子どもたちに「ありがとう」