お知らせ

音楽のおくりもの & ビリーブ 高い音は「あくび」をするように

 

令和元年度 大町南小学校音楽会

↑こちらをご覧ください。音楽会用の家庭通知のPDFです。日程やお願いが掲載されています!

 

 

:-P 今朝は全校音楽でした。

校内音楽会に向けて、全校で歌う「音楽のおくりもの」「ビリーブ」の練習をしました。「ビリーブ」ってどんなイメージ?「音楽のおくりもの」聞いてにて、歌ってみて、どんな印象だったかな?学年に応じて、曲想を感じさせながらの指導。過日の音楽鑑賞教室で学んだ「高い音をきれいに響かせるには『あくびをするように口を開けるんだよ』というアドバイス」をしっかりと守り、その成果もちゃんと表れていました。日ごとに伸びやかで響きのある歌声になってきています。6月28日(金)の当日が今から楽しみです。

 

※今日の「下駄箱」さすがです。今日もばっちりです。松林再生プロジェクト以来、植えた苗木に水をやっている証の「ペットボトル」もきちんと収まっていますね。今日も、子どもたちに「ありがとう」

 

各種ボランティアさん 大募集! 

ボランティアさん大募集

 こちらをご覧ください。

 

大町南小学校では、ボランティアさんを募集しています。

各学年の学習を、一層「深い学び」にしていきたいと思っています。ぜひ、お力添えの程よろしくお願い致します。

 

【お問い合わせ先】

 

大町南小学校

〒398-0004

大町市常盤3543-1

 

℡0261-22-0521

Fax0261-22-0647

 

email       minamisho@minamisho.city-omachi.ed.jp

 

ときわっこ通信1号

ときわっこ通信 1号 :roll: :lol: 今年度から、大町南小学校PTA会報と大町南小学校コミュニティースクールだよりが一緒になりました。「常盤(ときわ)」を愛する気持ちと、「南小の子どもたち」を大事にしていきたいという気持ちを大切に、ズバリ「ときわっこ通信」と名付けました。記念すべき第1号。ぜひご覧下さい。

 

学校だより3号

学校だより3号

 

6年生は「縁の下の力持ち」

今週の6年生の子どもたちは、南小の『縁の下の力持ち』に徹した1週間でした。
 水曜日はプール掃除。去年の夏から1年間分の落ち葉や虫の死骸などがヘドロのように溜まったプール。

「こんなに汚い水の中に足を入れるなんてやだなぁ」

と心の中で思った子も正直いたでしょう。しかし、誰一人としてそれを声に出すこともなく、一生懸命にプール掃除に取り組み、まぶしいくらいにピッカピカのプールになりました。6年生のおかげで、今年も全校のみんなが楽しく気持ちのよいプール学習ができることでしょう。
 

 そして今日は、音楽会のためのステージ作りを始めました。

 毎年、全校のみんなのキラキラとした姿が見られる音楽会。その一人一人の素敵な姿をよりよく見ていただくためには、立派なステージが必要かつ重要!

 ステージの重要性なんて、普段あまり考えないですよね?でも、音楽を楽しむようには作られていない普段の体育館を、音楽会にふさわしい会場(ステージ)にチェンジするって、そう簡単なことではありません。音楽会当日に、子どもたちが一生懸命演奏をしている姿をイメージしてみてください。すると、ステージの形状がいかに大切かということに気付いていただけますよね?そのステージ作りなんですが、実はかなり大変な仕事なんです!音楽会用のステージは、大きな積み木のようなものを組み合わせて作るのですが、その数約50個。一つ一つの重さは、実際に量ってないので分かりませんが、安全に運ぶには子ども4人の力が必要です。その重い積み木?を、今日は6年生全員で協力して運んでくれました。時間の都合、今日は、ここまでの作業でした。来週の月曜日には、無事にステージが完成しそうです。

 6年生のおかげで、今年も全校のみんなのキラキラとした素敵な姿をたくさんの方に見ていただくことができることでしょう。
 

 プールは気持ちよく入れて当たり前。

 音楽会は、演奏にふさわしいステージがあって当たり前。

 

 そんな今までの「当たり前」も、これまでの6年生が縁の下で支えてくれていたんですね。こうやって考えてみると、6年生にとっての毎日毎日の当たり前(当たり前すぎて考えもしないこと)も、きっと数多くの方々が見えない所(縁の下)で支えてくださっているからなんでしょうね。

 誰がどんな所で支えてくださっているのかなぁ?一つ一つ考えてみることも大切ですね!

 

ありがとう「6年生」南小の自慢の「6年生」たちです。

 

対話的な学びの姿-雨の日の教室- 地域の方のお力添えに感謝 -PTA作業-

:oops: 8-O 昨日の汗ばむような晴天から一転、今日はしっかりと雨が降っていますね・・・。梅雨入りでしょうか。

さて、教室をまわってみますと、どのクラスからも元気な声・声・声。あるクラスに入りますと「算数」の授業中、互いの学びを共有しあっている場面でした。自分の「発見」「気づき」を語り合っていました。聴きあっていました。まさに「学び合う」姿を見ることができました。「主体的・対話的で深い学び」をめざして、毎日授業に取り組んでいますが、普段からの学級経営がしっかりできていないと、このような授業にはなりません。生き生きと学んでいる子どもたちの表情が、とてもいいですねえ。

 

さて、PTA学級会長部が中心となって、5月31日(金)の夕方16:30から1時間、春のPTA作業が行われました。今回は5・6年児童と1・3・5年生の保護者の方、更にはコミュニティースクール地域コーディネーターの呼びかけにより、地域の方数十名にご参集いただき、大勢の手で作業を進めていただきました。

校庭や花壇、岩石園周辺の草取り、東マラソンコースや南・北駐車場の整備、いこいの広場や草置き場の整頓、校舎内のすべてのトイレ清掃と窓ふき、砂場に新しい砂の搬入と地ならし等、ありとあらゆる場所の作業を進めていただきました。雨が心配でしたが、日ごろの行いが良いせいか、まったく影響なく予定通り全作業を終了させることができました。作業中、親子で「南小」について語り合う姿も方々で見られ、親子の絆も深まりました。また、今回も地域の方にも大勢お手伝いに来校いただき、おかげさまで予定した時間よりも早く作業を終了させることができました。環境の整った中、のびのびと学習に運動に取り組める本校の子どもたちは幸せだなあ、と実感致しまた。次回は11月9日(土)を予定しております。2・4・6年の保護者の方、5・6年生、そして地域の方のお力添えをお願いしたいと思います。ご協力の程よろしくお願い致します。

 

最後に 恒例の「今日の下駄箱」雨でしたので、下ばきはぐっしょり濡れています。長靴も多いですね。でも、やっぱり「かかとがそろっています」「かさも、きちんと整頓されています」今日も、子どもたちに「ありがとう」

 

ドキドキの電車遠足 天気も味方 完璧2年生

初めて電車に乗る子もいた今回の電車遠足。信濃常盤駅、安曇沓掛駅、信濃松川駅と、通過する駅の数はほんのわずかですが、

①切符はどうやって手に入れるの?

②どうやってホームに行くの?

③どこでどんなふうに電車を待つの?

④電車が来たけど、どうやって乗るの?

⑤乗ったらどこにいればいいの?空いている席には座っていいの?

⑥いつ、どのタイミングで下りるの?

⑦下りたら切符はどうしたらいいの・・・・・。

一つ一つがすべて「?」なんですね。大人にとってあたりまえの一つ一つを、ドキドキしながら体得していった2年生でした。

ちひろ美術館では、美術館の方が用意してくださった「探検シート」を手掛かりに、真剣に見学できました。お財布に入っているお金でポストカードも買いました。「妹がきっと気に入ってくれそう」「これはお母さんにぴったり」と、家族に喜んでもらえそうなデザインのはがきを選ぶ姿もほほえましかったです。

お弁当は美術館の芝生の上で、友達と楽しく食べることができました。友達を誘いあって自然とグループをつくって昼食をとっていました。

帰りの道中。だんだん疲れが見えてきたのですが、「♪~たとえば君が傷ついて、くじけそうになったときは、必ず僕がそばにいて、支えてあげるよその肩を~♪」なんて、『ビリーブ』を歌ってみんなで励ましあいながら頑張って歩きました。

松川図書館では読み聞かせをしていただいたり、公園で元気に遊んだりして、再び元気を取り戻しました。そしてなんとか全員、無事に松川駅に到着。帰りの切符を買う時になって「お金がない!」と悲しげな声を上げた子もいましたが、よく探したらポケットの奥の方に大事にしまってありました。その子の「ホッ」とした顔も印象的でした。

今回の遠足は、電車や美術館、図書館など、公共施設の利用の仕方も学習の一つでした。夢中になって、うっかり走ってしまったり、ちょっと声が大きくなってしまう場面もありましたが、すぐに「あっ!」と気づいて立ち止まったり、互いに注意しあったり、友達同士声を掛け合ったり、ずいぶんと成長した姿も多々見られました。そして「みんな、やるじゃん!できるじゃん!」とうれしくなりました。2年生。

この遠足の成果をおおいになる自信にして、さあこれからの学習に活動に、どんどんチャレンジしていきましょう!

 

児童の歌声が一層良くなった!! 毎日がスペシャル 今日は音楽鑑賞会 

今日は国立音楽大学声楽科や大学院の卒業生を中心に結成された「声楽アンサンブル Jスコラーズ」の皆様を、南小の体育館にお迎えし、コンサート(北安曇小中養護学校 音楽鑑賞会)を開催しました。アニメソングから本格的なクラシックまで、広いジャンルの曲をみんなで聞き入ることができました。鑑賞の態度(姿勢)が良く、気持ちよく体をゆらして鑑賞に浸っていた子どもたち。Jスコラーズの皆さんと一緒に「ビリーブ」を歌わせていただく機会もいただき、「美しく響く」歌声の発声法についての伝授があり、「あっ」という間に「ガラッ」と歌声が変わりました。つい先日のホームページに「南小の自慢」の一つに「歌声」をあげましたが、ただでさえ自慢の歌声のレベルが一瞬でグレードUPしました。表情も更に良くなりました。心から「楽しんで」歌う子どもたち。Jスコラーズの皆さんから拍手喝采をいただくほどでした。「本物」はやっぱりちがいますね。私たちも、日々「本物」をめざして「授業」に「行事」に「日常生活」に励んでいきましょう。

 

※最後の写真は 恒例の「今日の下駄箱」 

このクラスの下駄箱には長靴も見えますね。上手にピシッと収まってますね。下の方にはジョーロもきちんと整頓されて置かれています。

今日もGOOD! 

今日も子どもたちに「ありがとう」

 

南小は何歳? ~校長講話~

:roll: 「大町南小学校は何歳でしょうか?」

今年2019年(令和元年)は、南小にとって特別な年であることを知っていた子もいたようで、ズバリ「130歳!」という声も聞こえてきました。そうなんです。南小学校は今年「130歳」となりました。「130周年」とも言いますね。以下、講話の概略を紹介します。

【学校長から子どもたちに伝えた本校の歴史(概略)】

○約150年前の明治5年から「西山学校」「須沼学校」「清水学校」「上一学校」がスタート。

○明治20年に4校が統合され「松川学校常盤支校」となる。

○明治22年に松川学校から独立した形で、現在の大町南小学校のスタートとなる「常盤尋常小学校」が設立。校舎は、現在の常盤駐在所の北側に建設される。児童数は113人。

○明治29年には校舎が駐在所の南側に引っ越す。児童数283人。

○昭和4年、今から90年前に現在の場所に校舎が建設される。児童数は716人。

○昭和16年「常盤国民学校」 昭和22年に「常盤村立常盤小学校」 昭和28年に「大町市立常盤小学校」と名前を変え、昭和62年(32年前)の新校舎完成とともに「大町市立大町南小学校」となって現在に至る。

 

昭和4年、松林に囲まれた現在のこの地に引っ越しをする際に、自分の机を運び込んだ2年生男子の作文も紹介されました。

 

○その日は天気がよかった。私は2年生だった。木の机をとなりの子と持って校庭に出た。汗をたくさんかきながらアリの行列のように歩いた。その向こうには松林が続いていた。新しい校舎についた時、わくわくして疲れが吹き飛んだ。どの子の顔もよろこびであふれていた。自分の机を教室に入れて、大切にならべた。

(「ひっこしの記憶 当時の2年男子の作文より」)

 

最後に、南小に130年間ずっと残っている3つのものについてのお話がありました。

○130年間 ずっと大切に引き継がれてきた3つのもの

①4本の門柱(現在、1・2年昇降口付近に設置されています)

②育英橋に使われていた石で作った石碑

③チャレンジ精神・優しさ

 ・松林を切り開いてきた「たくましさ」

 ・だれにでもあいさつ ふるさと「常盤」を愛する心

 ・スポーツを通して「一致団結」の精神と「気迫」

 ・心豊かで音楽好き

 

130年間培われてきたものが、過日の「松林再生プロジェクト」にもつながっているのですね。「130さいの南小とともに、わたしたちも成長していきましょう」という学校長の声がけに元気に応えていた子どもたちの姿が印象的でした。「みんな」で一致団結して、これからも「常盤」の学校を「みんな」で大切にしていきたいですね。

 

※最後の写真は、今日の「下駄箱」 やっぱり、かかとがピシッとそろってます。今日も子どもたちに「ありがとう」

 

みんなで汗を流してプール清掃  オキナ(翁)草の「今」

;-) 5月としては記録的な暑さとなった今日。プール清掃が行われました。今年のプール開きは6月21日(金)の予定です。学年毎に分担された作業を着々と進めてくれています。今年の「夏」も水泳学習が安心・安全に行われるよう、しっかり準備を進めていきたいと思います。

 

「今日のオキナ(翁)草」です。本物のおじいさんのような風貌になってきました。4月からの七変化。なかなかおもしろいです。ぜひ、お近くの方はお散歩がてら、見にいらしてくださいね。

 

Page 1 of 8123...Last »