大町市立大町南小学校
〒399-9101 長野県大町市常盤3543-1 TEL:0261-22-0521 FAX:0261-22-0647 E-Mail:minamisho@minamisho.city-omachi.ed.jp
 

学校日記

学校日記 >> 記事詳細

2020/11/20new

本物に学ぶ 先生は最高の教材!

| by サイト管理者
今週は毎日毎日いろいろなことがありました。
しかし大変充実していました。



今の時刻は・・・。






まだ児童が登校する前から、体育館から音色が・・・。今朝の全校音楽のために、ギリギリまで準備をする音楽係の先生方に感謝です。

一昨日、11月18日(水)の国語科授業研究会において授業を提供してくれた先生が、今日も南小の児童のために一肌脱ぎました。このエネルギーには頭が下がる思いがします。
(※ 11月18日(水)のページもあわせてご覧ください。そして教室での授業の姿とステージで演奏している姿とを比べてみてください。どうでしょう。どちらもキラキラ輝いて見えませんか・・。)

そして朝の8時20分。










今朝の全校音楽は「先生が教材」となっての歌唱指導です。
学生時代に音楽の世界を極め、先生になってからも常に自分の音色を磨いておられる先生が、器楽の演奏を取り入れた歌声づくりに挑戦です。





子どもたちの歌声をよくしていくために「抽象的」な「ことば」をいくつ投げかけても、なかなか劇的には変わっていきません。そこで、子どもたちに「具体的」なイメージを持たせる方法として、今回、南小の音楽科チームの先生方が考案した方法が、目の前で奏でられる「サキソフォン」の演奏を聴きながら、どの部分をどのように意識して歌ったらよいかに気付いてもらう・・・という画期的なものでした。

キラキラした楽器を手に颯爽と先生が登場。そして「サキソフォンリサイタル」の始まりです。子どもたちの目が輝いています。涙が出そうになるくらいに優しく、美しく、そして艶のあるサックスの音色に聞き入る子どもたち。今、大人気の「鬼滅の刃」が聞こえてくると手拍子がおきたり一緒に歌ったり。
いくつかのすばらしい楽曲の後、
「では、続けて全校で パーム パーム パームをサックスの音色に乗せながら歌ってみましょう」と声がかかり、今度は自分たちの出番です。

しかし・・・、いきなり美しい歌声が体育館に響きました。
サックスからも「パーム パーム パーム」の旋律が聞こえてきます。子どもたちの歌声とサックスの音色が見事に溶け合って、とてもいい感じです。全校児童のすべての視線が、キラキラしたサックスに集まっています。
「やさしく ささやくような音色」
「元気よく はずむ音色」
「心をこめて 気持ちを乗せた音色」 
こういった「ことば」にするのが難しい微妙な音色の違いがサックスから届きます。子どもたちはサックスの音色にのせて、安心して歌を口ずさみます。
「やさしく ささやくような歌声」
「元気よく はずむ歌声」
「心をこめて 気持ちを乗せた歌声」 

最後は全校の心が一つになりました。

今も、自分の音色を追求し続けている先生ご自身が、今日は大変に効果的な教材となりました。またそれだけの「価値ある音色」でした。まさに「本物」でした。日々の研鑽の賜です。やはり「本物」以上の教材はありませんね。

今日のサキソフォンの音色と子どもたちの歌声は、しばらくの間、私の耳に残りそうです。



【今日の下駄箱】

体育館に一番近い下駄箱に行ってみると、ちょうど児童が登校してきたところでした。子どもたちは
「おはようございます」とさわやかなあいさつをしてくれました。私も元気にあいさつをしました。そして、ていねいにかかとをそろえる様子が見られました。今日も、気持ちのいい朝を届けてくれた子どもたちに「ありがとう」

07:34

新着情報

 
Copyright (c) 2019 大町市立大町南小学校