大町市立大町南小学校
〒399-9101 長野県大町市常盤3543-1 TEL:0261-22-0521 FAX:0261-22-0647 E-Mail:minamisho@minamisho.city-omachi.ed.jp
 

学校日記

学校日記
123
2019/08/01

夏休み やっと夏が来た! 7月25日~8月21日

| by サイト管理者












夏休みにはいりました。本格的な夏の到来にホッとしています。
(暑さ指数WGBT が危険粋に達する予想が出た際には、プール開放を中止する予定です。その場合、学校よりメールにてお知らせいたします。ご承知おきください。)

連日、学校のプールも開放中です。連日200人近い子どもたちに利用してもらっています。元気な姿を休み中も毎日見ることができ、うれしく思っています。学校の各クラスの畑の作物や花々も生き生きとしています。

学校職員も、保育園における園児の様子を観させていただいたり、地域学校保健委員会、各種研修会に精力的に参加し、自己を磨いて2学期に備えております。本日8月1日から8月9日までは木崎夏期大学も開講されます。本校の縣校長が本年度は所長を務めます。教頭も毎日STAFFとして勤務しております。本校職員も連日大勢受講し研鑽致します。ぜひ、地域の皆柾、保護者の皆様も足を運んでいただけたら幸いです。

それでは、充実の夏休みをおすごしください。また、8月22日に元気にお会いしましょう。


06:57 | お知らせ
2019/07/18

「想像」を形に いこいの池 が 一層「いこい」の空間になりました!

| by システム管理者

「想像」を形に 流木でアートの心育む いこいの池 が 一層「いこい」の空間になりました!





































7月17日(水)は、日中スッキリと晴れ渡り、今シーズン一番の「THE SUMMER」日和となりました。

2020年5月31日~7月19日に開催される「第2回北アルプス国際芸術祭」の開催を控え、大町市では芸術文化の普及に取り組まれております。そんな「北アルプス国際芸術祭実行委員会」と大町南小学校の4学年の「思い」が一致し、郷土の資源を生かした創作活動を支援する「アーティスト・イン・レジデンス」事業の一環として、札幌市在住の彫刻家、国松希根太さんを本校にお迎えすることができました。

トップの3枚は、国松さんと国松さんの作品の一部を写真で紹介しました。


4年生は、4月からずっと本校自慢の「松林」を「ときわの、いこいの場所」にしたいという願いのもとに学習を重ねてきました。その中の一つとして、今春に卒業した先輩が南小の西側に位置する空間に作った「いこいの池」を、さらにいいものにしたいと活動を展開しているところでした。今回、その願いが叶い、高瀬川に流れ着く流木を材料に、一人一人が想像を膨らませて造形活動に取り組みました。形や大きさの違う大小様々な流木をよく観察して「角になりそう」「頭に見える」などとつぶやきながら、試行錯誤しながら組み合わせていきました。そしてイルカ、ヤゴ、カメ、龍と泉小太郎など、多種多様の作品が完成しました。ガチョウとユニコーンを組み合わせた「ガチョーン」など、気持ちのこもった作品がいっぱい。一緒に制作にあたっていただいた国松希根太さんからは「自然がつくった流木を子どもたちが自由に作品にしていったこと、一人一人が純粋につくりたい!と思ったものを、何にもとらわれずに作品に仕上げた経験は貴重。できあがった作品にも展示した場所(空間)にも愛着をもってほしい」と話しておられました。

大町南小学校の教育理念は「子どもの主体性が発揮される楽しい学校」です。今回の4年生の姿は、まさに「主体的」な姿であったと思います。また、その原動力となっているのが「ふるさと常盤」への郷土愛であることを忘れてはなりません。「常盤にとってのいこいの場」をつくりたい、多くの方に喜んでもらいたい、という思いが根っこにある活動だったと思います。「常盤」に育ち、南小での学びに誇りをもち、「自分が好きで、南小が好きで、常盤が好き」と言える子どもたちが育っていることを実感できたひと時でした。

最後に欲張って、もう3枚・・・「9月21日(土)に行こなわれる大町南小校庭大運動会」に向けて、すでに始動している様子です。1・2年は「整列とラジオ体操」の、3・4年は「ソーラン節」の、5・6年は「組体操」の練習を始めました。どの連学年とも、上の学年の子どもたちが「手本」となって、後輩に「技」と「取り組む姿勢」を伝達してくれています。全校児童が「知・徳・体」のバランスよく成長していってくれることを願っています。

ぜひ、常盤の皆様、大町市の皆様、大町南小学校の子どもたちが作った「いこいの池」に足をはこんでいただけたら幸いです。お待ちしております。


さて、恒例の「今日の下駄箱」です。大町南小では「水泳」の授業は7月で終了です。お世話になった「サンダル」の置き場所は、クラスによって様々ですが、このクラスは、下足とサンダルを同じ空間に工夫して納めていますね。1学期も残り後わずか。「水泳学習」のまとめをしっかりやりましょう。

今日も子どもたちに「ありがとう」


12:00
2019/07/11

自ら関わり、学び合う子どもの育成

| by システム管理者

自ら関わり、学び合う子どもの育成



























 本校では、「自ら関わり、学び合う子どもの育成」を研究テーマに据えて、日々授業を行っております。

〇重点1:学びづくり

子ども一人ひとりの疑問や考えを伝え合い、認め合いたくなるような授業、知的満足と情緒的満足を得て、自己の成長を感じる授業。

〇重点2:環境づくり

授業のユニバーサルデザイン化を通して、学びやすい環境、やってみたくなる場面、安心して学習できる環境づくり。


「授業」は「みんな」が主人公

 ここで言う「みんな」は、もちろん「子どもたち」です。本校の教職員は、その「主人公」である子どもたちの「思い」や「願い」を「真ん中」に据え、寄り添い、最終的に確かな「学力」を身に付けさせるとともに、自己有用感を高めていけるよう日々研鑽に励んでおります。その研鑽の一つが「授業研究」です。具体的な授業を通して、全職員が学び合う絶好の機会となっています。

 我々教職員にとって、最高の「学び」の場である「授業研究会」を、今週は、「7月10日(水)」「7月11日(木)」と2日連続で行うことができました。

 10日(水)には東京の麻布教育研究所から村瀬公胤先生をお迎えし、全学級・全職員の授業を参観していただき授業改善に関するご示唆を頂戴いたしました。

 また、11日(木)には中信教育事務所より「英語・外国語」担当の櫻田智也指導主事をお迎えし、5年1組の「外国語科」の授業づくりにお力添えをいただくことができました。

 子どもたちを「育てる」という責任重大な「使命」を頂戴している我々教職員が、自ら求めて研鑽に励むことが、いい「授業」をつくるためには絶対不可欠であります。今後とも、「学び続ける」教師集団であり続けたいと思っています。


最後に今日の「下駄箱」

やっぱりパーフェクト。今日も子どもたちに「ありがとう」

12:00
2019/07/09

130周年を自分たちの手で盛り上げたい! 6年生の行動力に拍手!

| by システム管理者

130周年を自分たちの手で盛り上げたい! 6年生の行動力に拍手!











今日は参観日です。あいにくの天気でしたが、いつも以上に大勢の保護者の方に来校いただきました。ありがとうございます。

 さて、この写真、何だと思います。これ「ぞうきん」なんです。家庭科のミシンの学習の一環として作ったタオルに「130周年記念」というカラフルな刺繍を入れて、1枚70円と1枚100円の2種類を用意して販売しました。すると・・・。開店から30分ほどで完売。

 この「ぞうきん」を販売した理由。それは、「自分たちのがんばりで、大町南小130周年を盛り上げたい」からだそうです。すばらしい! 子どもたちの、まさに「主体的」な取り組みに私は驚きをかくせません。売ったお金で、全校のみんなに「130周年記念」の「えんぴつ」をプレゼントするんだ! なんて「かっこいい」「粋」な6年生なんでしょう。

 そういえば、先日の校内音楽会の際にも、大きな「130周年記念音楽会」という掲示物を作って会場の空気を作ってくれた6年生。この南小を心から愛しているんだなあ、と実感しました。


今日の「下駄箱」

言うまでもなく、今日もビシッと完璧な下駄箱。

今日も南小の子どもたちに「ありがとう」

12:00
2019/07/03

5年キャンプ 元気よく 決まりよく 仲よく 1日目 順調!

| by システム管理者

5年キャンプ 元気よく 決まりよく 仲よく 1日目 順調!




3日(水)朝8:40 バスに乗って元気に青木湖へ出発。キビキビ、ハキハキ。すばらしい姿。引率した校長先生から、『「決まりよく」「元気よく」「仲よく」できてます』と一報が入りました。天気が心配なため、15:00前から夕食の準備に入り、飯ごうによる「ご飯」が上手に炊きあがってきています。この後、早い夕食(カレーライス)。そして、キャンプファイヤーも真っ暗になる前からスタートさせる予定です。一番は子どもたちの「安心・安全」を第一にしながらも、子どもたちにとって「一生の思い出」になるよう努めてまいりたいと思います。さて、今晩から明朝にかけて悪天候になると予想がでていますが、5年生パワーで雨雲を吹き飛ばしてくれることと信じています。現在のところは、明日も予定通りのメニューで進めていきます。帰校・解散は12:45です。

ぜひ、「常盤」から「がんばれー」と応援してあげてください。


12:00
2019/07/02

児童会 環境委員会 アルミ缶回収で表彰状をいただきました

| by システム管理者

児童会 環境委員会 アルミ缶回収で表彰状をいただきました








写真をご覧ください。

大町南小学校では、児童会の環境委員会が主体となってアルミ缶集めをしています。毎週火曜日を「アルミ缶回収日」としています。火曜日に登校してくる児童の手には家から持参したたくさんのアルミ缶があります。環境委員の児童がそれを受け取ります。こうした地道な活動が実を結び、昨年度一年間で「60,306個」も回収することができました。これは、市内の小中学校ではNo1だったそうです。。7月1日に昭和電工様がおみえになり、本校児童会長と環境委員長の二人に表彰状と記念品を頂戴いたしました。これをはげみに、これからもますます、アルミ缶リサイクル活動に力を入れていきたいと思います。

最後に明日から青木湖へキャンプに出掛ける5年生の下駄箱です。どうです。完璧ですよね。それもそのはず。5年生は明日からキャンプです。やっぱり心が充実しているみなさんの行いはGOODですね。そのすぐ横には、明日からのキャンプの道具がすでに完璧に準備されていました。飯盒にトーチ、ブロックに・・・。5年生、いい思い出をつくってきてくださいね。

そして、今日も子どもたちに「ありがとう」


12:00
2019/06/28

うれしい涙が止まらない・・・ ときわっこ 最高! 音楽会大成功

| by システム管理者

うれしい涙が止まらない・・・ ときわっこ 最高! 音楽会大成功


うれしい涙が止まりません。

ときわっこ 最高!音楽会大成功!


会場の雰囲気も最高でしたよね。地域の方、保護者の皆様のお支えにも感謝です。今日の音楽会は、まさに、児童と職員と保護者と常盤の皆様の全員でつくりあげた音楽会でした。まさに「と・き・わ の 音 楽 会」でしたね。


気づけば来週から7月。夏休みが目前・・・。1学期のまとめをしっかりする一方で、どの子も、どの先生も充実した夏休みとなるよう、しっかりと計画をたてていきましょう。本日は本当にありがとうございました。まずは、ご報告まで!


(来週、各学年から音楽会の様子が「おたより」で発信されるかと思います。お楽しみに!)


12:00
2019/06/27

明日は全員「挑戦しよう、やってみよう!」 ご期待ください

| by システム管理者

明日は全員「挑戦しよう、やってみよう!」すてきな音色 ご期待ください

















こちらの写真をご覧ください。子どもたち一人ひとりが、音楽会の本番でどのような音色を奏でたいか、どのような歌声を響かせたいかを「短冊」にしたため、全校分を掲示したものです。また、今年は「130周年」の節目の年。ステージバックもすてき。そして記念音楽会であることを印象づけるこの掲示。明日の音楽会楽しみですね。どの子も「挑戦しよう、やってみよう!」の合い言葉を胸に、「うちなる可能性」を全て発揮してくれることを願っています。


☆ご来校にあたってのお願い

①駐車場として、本校の北駐車場、また常盤公民館さんの駐車場をお使いください。校舎周辺の道路や給食室付近への駐車は堅くご遠慮申し上げます。

②入り口は、体育館の社会体育入り口のみとします。(児童玄関からはお入りにならぬようお願いします)

③体育館は、朝8:30に開場いたします。時間までは入り口に並んでお待ち願います。

④天気が心配です。入り口が狭いため、雨の際は、ぬれた「傘」や「下ばき」を持ち込める大きなビニール袋などご持参願います。


今日の「下駄箱」

プール開きがあり、昇降口からプールまで使用する「サンダル」が増えました。でも・・・、やっぱりきちんと収まっています。今日も、子どもたちに

「ありがとう」


12:00
2019/06/20

ステージいっぱいに全校合唱 -歌声と心が磨かれていく-

| by システム管理者

ステージいっぱいに全校合唱 -歌声と心が磨かれていく-








 音楽会も一週間後となりました。今週からステージ練習が始まりました。すてきな音色、日々上達していく音色が校舎内に響いています。

 音楽会プログラムの最後を飾る、全校合唱「音楽のおくりもの」の練習風景です。全校児童が一同にステージにあがっての大合唱です。迫力満点。透き通るような高音の響き。まだまだ、どんどん上手になっていきそうな予感。

 来週の24日(月)の朝には、講師に音楽家の富澤先生をお迎えし、ご指導をいただくことになりました。子どもたちの「歌声」がどんどん磨かれていきます。ありがたいです。うれしいです。そして同時に「心」も磨かれていっているように思います。


今日の「下駄箱」 今日は高学年の下駄箱です。やっぱりバッチリですね。

今日も子どもたちに「ありがとう」

12:00
2019/06/19

「いざ」という時のために 職員全員で防犯訓練を実施しました

| by システム管理者

「いざ」という時のために 職員全員で防犯訓練を実施しました













 昨晩、東北・北陸地方で大きな地震がありました。本校では、児童が学校にいる時はもちろん、夜間や休日も「震度5弱以上」の揺れを観測した際には「学校災害対策本部」を立ち上げ、児童の安全確保(安否確認)や学校施設の安全確認、保護者への引き渡しや応急対策業務、状況によっては地域の避難所としての開設等の対応にあたる体制を整えております。ご承知おきください。

 一方、19日(水)の放課後に全職員が参加して「職員防犯訓練」を実施しました。警察の方にお越しいただき、授業中、教室に不審者が侵入してきた際に、どのように行動すればいいか、また、「さすまた」の使い方について、実際にシュミレーションをしながら学ぶことができました。

 1年生の教室に、職員が子ども役で着席し、担任役の先生のお話を楽しく聞いていた「その時」何の前触れもなく不審者が侵入し刃物を振り回します。担任役の先生が必死で応戦しますが、子どもたちは突然のことでその場に立ち尽くしてしまう・・・。正直「何もできなかった」「展開が急すぎて、頭では分かっていても適切に指示を出したり逃げたりすることができなかった」という感想が聞こえてきました。その後、警察の方から、不審者への対応の仕方について詳細にお話をいただき、職員の心に新たな「スイッチ」が入りました。 

 プレールームに移動して、今度は「さすまた」の使い方について学びました。写真をご覧ください。不審者を捕まえることが目的ではなく、いかに時間をつなぐか、いかに負傷者を出さないようにするか、複数の人間で迷わず対応していくことの大切さを学びました。実際に「さすまた」を手にしてみると、思っていたより勝手がちがい思ったように使えません。「コツは、重心を低くし、下から上へ不審者の脇のあたりをねらって!」


 本校職員は、今日という1日、「防災」と「防犯」の両方の観点から学ぶことができました。日頃から「そ な え よ つ ね に」でいたいと思います。


最後に恒例の「今日の下駄箱」

今日は放課後の下駄箱です。上はきのかかとが今日もピシッとそろっていますね。今日も子どもたちに「ありがとう」


12:00
123

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。
Copyright (c) 2019 大町市立大町南小学校