大町市立大町南小学校
〒399-9101 長野県大町市常盤3543-1 TEL:0261-22-0521 FAX:0261-22-0647 E-Mail:minamisho@minamisho.city-omachi.ed.jp
 

学校日記

学校日記
12345
2021/06/18new

〇南小の「学び」を力強く支えてくださる地域の皆様(その3)

| by サイト管理者
南小の「学び」を力強く支えてくださる地域の皆様(その3)

3年生が、社会科の「地域を知ろう」という学習の一つとして、学校近くの小澤果樹園さんを訪問。ゆっくり見学させていただきました。。100年以上の歴史のある果樹園で、なんと20種類以上の果樹を6人のスタッフで育てているそうです。

2012
年秋には、りんご栽培の技術研修のためイタリア南チロル ヴォルツァーノを訪問され、現地で学ばれたことを現在に生かしておられるそうです。

収穫した果樹をそのまま出荷するのはもちろん、様々な食品に加工して販売もされており、リンゴを主原料としたジュースやジャム、ビールなども手掛けていらっしゃることもお話してくださいました。




地域を学ぶ学習に際し、心よく子どもたちを受入れてくださり、惜しみなくお話してくださったり、子どもたちの質問にも丁寧にお答えくださるなど、本当にお世話になりました。そして大変ありがたく思いました。

地域の方々の力強いお支えのおかげで、南小の子どもたちの「学び」がどんどん深まっていることを感じております。

3年生全員が、小澤果樹園さんのお話を興味深くお聞きすることができ、農業に対する興味・感心が一層高まった一日となりました。



【今日の下駄箱】

今日の話題が3年生ですので、3年生の下駄箱をご紹介しようと思いましたが、昨日ご紹介したばかりですので、今日はがらっと趣向をかえて職員の下駄箱を見ていただきます。扉が付いており、中の様子がはっきり見えませんが、ひとまず整然としているかと思います。子どもたちの美しい下駄箱に負けないようにしていきたいと思います。
我々は、日々、子どもたちの姿から多くのことを学ばさせてもらっています。子どもたちには感謝です。
「ありがとう」

10:55
2021/06/17

〇南小の「学び」を力強く支えてくださる地域の皆様 その2

| by サイト管理者
南小の「学び」を力強く支えてくださる地域の皆様(その2)


梅雨の晴れ間。
今日は、子どもたちが、地域の「寿会」の皆様と一緒に花苗を植えました。
職員数と児童数の減少にともない、手が行き届かなくなってきている学校花壇。なんとか細々と管理を続けてきましたが、いよいよ厳しくなってきました。

ところが、偶然にも、「寿会の皆さんが、花苗を植える場所が見つからずに困っていらっしゃる」という情報が入り、ご相談したところ、両者の思いが合致し、この度、共同で学校の花壇をつくり、管理をしていくことになりました。







今日まで、それぞれが準備してきた花苗を持ち寄ったり、花壇に堆肥を入れて耕したり、畝を作ったり、マルチシートを敷いたりする作業も力を合わせて進めてきました。














今日も、地域の方と子どもたちが、互いに力をあわせて「和気藹々」と作業をしている様子を見させていただき、本当にうれしく思いました。

花壇づくりは、今日の花の苗を植える作業がゴールではありません。明日からの「水やり」「草取り」などの世話が毎日続きます。子どもたちの力だけではカバーしきれない部分を、寿会の皆様のお力をお借りして進めていきたいと思います。

先輩方に負けないような素晴らしい花壇をつくりたい、という子どもたちの「願い」の実現のために、こうして寿会の皆様のお力添えをいただけるようになり、また一つ、南小の「学び」を支えていただくことが増えました。本当に感謝であります。

この出会いにより、ここ数年来の中で「一番」の花壇が完成するよう願っています。





【今日の下駄箱】

こちらは3・4年生の下駄箱。
靴の収まり方はいろいろですが、しかし、どのクラスも整然としています。後に続く子どもたちも、5・6年生に負けずにしっかりと育ってくれていてうれしいです。
今日も音楽会に向けて、素敵な音色を聞かせてくれて「ありがとう」

10:03
2021/06/15

南小の「学び」を力強く支えてくださる地域の皆様

| by サイト管理者
南小の「学び」を力強く支えてくださる地域の皆様


6月25日(金)の音楽会に向けて「特別時間割」が始まりました。多くの楽曲を演奏する都合、市の少年少女合唱団にてピアノ伴奏を担当していらっしゃる先生にお手伝いをしていただいております。こちらは1校時の体育館の様子です。1年生の音色をしっかりと支えていただいていました。


朝の校庭です。課外活動の「陸上クラブ」のご指導を、地域の陸協の方にご協力いただいております。おかげで、先日の中信小学生陸上大会において好成績を収め、5名の児童が県大会出場の切符を手にしました。本当にありがたいです。


家庭科の授業風景です。「裁縫ボランティア」の皆様に「玉結び」「玉止め」をご指導いただきました。特に5年生にとっては、はじめての裁縫学習なので、大人の手が何人あっても足りないくらい指導が大変です。しかし、地域の方々のお支えにより、全員が短時間で習得することができました。

これらはほんの一例ですが、南小の「学び」は、地域応援団の皆様のおかげで力強く前進することができています。本当にありがたいです。今後ともご支援ご協力の程よろしくお願いいたします。



【今日の下駄箱】

どこのクラスの下駄箱も美しいです。
体育館に一番近い6年生の下駄箱です。
今日も、下級生たちのすばらしいお手本でいてくれて「ありがとう」

09:16
2021/06/04

〇子どもの学びを止めずに 5年日帰りキャンプ

| by サイト管理者
〇子どもの学びを止めずに 5年日帰りキャンプ 6月3日(木)

コロナ禍の中ではありますが、対策を万全に、令和3年度は今日まで、予定していたすべての「学び」を進めてきております。基本的な約束をつい忘れがちになってしまう今日この頃。気を引き締めて、でも心は晴れやかに、今日も南小の子どもたちは学び続けます。


過日の1・2年生の遠足、3年生の社会見学に続き、6月3日(木)に5年生は青木湖畔にて日帰りキャンプを実施いたしました。当日を迎えるまで丁寧に準備を重ね、現地では、担任の先生方からの指示は一切なく、しおりを頼りに自分たちで進んで行動する頼もしい姿がたくさんありました。





グッと大人っぽくなり、互いに協力し合って「よりよいキャンプにしよう」としていたその気持ちに拍手です。一緒に同行させてもらった私も、とても幸せな気持ちで帰校しました。5年生の今後の成長を心から楽しみにしています。


【今日の下駄箱】

帰宅後の静まり返った校内。5年生の上はき。立派にキャンプを成功させた姿とダブってしまい、なんだかお互いの靴が肩寄せ合って笑顔で並んでいるように、だんだん見えてきてしまいました。これからも、目標の6年生をめざしておおいに活躍してくれることを願っています。一日、楽しいキャンプの仲間に入れてくれた5年生の子どもたちに「ありがとう」

18:36
2021/06/03

◎PTAより連絡です 6/28・29 に予定していた地区懇談会は中止とします

| by サイト管理者
◎PTAからのお知らせ
6/28(月)・29 (火)に予定していた地区懇談会は中止とします。


6月28・29日(月・火)に予定されていた、各地区における「地区懇談会」ですが、現在、北アルプス圏域の感染警戒レベルが「4」のまま継続しているため、残念ではありますが今年度も中止とさせていただきます。
ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

07:44
2021/05/28

◎「まなびの教室」のご案内

| by サイト管理者
◎令和3年度「まなびの教室」についてのご案内

大町南小学校に設置されている「まなびの教室」についてのご案内です。ご覧ください。
◆まなびの教室ご案内.pdf
13:06
2021/05/27

〇2021学校だより 3号( 5月28日)ご覧ください

| by サイト管理者
〇2021学校だより 3号( 5月28日)です。ご覧ください。
2021学校だより 3号( 5月28日).pdf
06:18
2021/05/26

〇感謝です。閲覧100,000回を超えました。

| by サイト管理者
〇感謝です。
 ホームページ閲覧数が100,000回を超えました。


2019年3月20日にリニューアルした大町南小学校のホームページの閲覧数が本日(2021,5.26)何と100,000回を突破しました。

これからも地域の皆様に、大町南小学校の子どもたちの姿をお伝えし、家庭で地域で、本校の子どもたちのことを笑顔で話題にしていただけるようにと願って取り組んでまいります。
応援よろしくお願いいたします。

15:58
2021/05/26

校長講話 「南小の顔」 5月26日

| by サイト管理者

〇校長講話 「南小の顔」 5月26日

北アルプス圏域の感染警戒レベルが「4」となり、日々緊張しながらの学校生活が続いています。しかし、子どもの学びを止めることなく、工夫をかさね対策を万全にして、多くのことに取り組んでいきたいと考えております。

令和3年度のめざす学校像は「なりたい自分に出会える学校」です。また、児童会のスローガンは「チャレンジ! なりたい自分」です。子どもたちの学校生活のすべてが「学び」です。「この算数の問題を自分で解決したい」「きれいに字を書けるようになりたい」「友だちと仲良くなりたい」「あいさつ運動を成功させたい」など、子どもたちは様々な願いを実現させるために思考を巡らせ解決の糸口を見つけようとします。そして多くのことを学んでいきます。コロナ禍の中、どうしても気持ちが萎縮してしまいがちですが、この大町南小学校という舞台では、どの子も安心して「学び」に打ち込めるように、自分らしく自分の思いを表現できるようにしてあげたいと思います。

今後とも地域の皆様、保護者の皆様のご支援とご協力の程 よろしくお願いいたします。

重ねて、長野県教育委員会 原山隆一教育長よりメッセージが届いておりますので、こちらもぜひご覧いただき、ご協力の程よろしくお願いいたします。
原山隆一教育長メッセージ 新型コロナウイルス感染症対策の徹底について.pdf

□校長講話 「南小の顔」



    
おはようございます。

職員玄関の壁に、本校の卒業生である奥原希望選手からお借りしたユニホームを掲示しています。奥原選手は3月の全英オープンという世界大会で優勝しましたね。東京オリンピックでも大活躍してほしいと思います。


さて、これは何だか知っていますか。そうですね。これは大町南小学校の校章、学校のマークです。昭和62年、今から34年前に、大町南小学校がつくられたときから、使われています。でも実はその前、この学校は常盤小学校と呼ばれていましたが、その時からこの校章はありました。




全体が柏の葉と松の葉でデザインされ、三角形の上のとがっているところは、餓鬼岳を、下の平らなところは高瀬川と乳川を表し、その中に開かれた常盤の地に小学校が立っています。松の葉は冬でも緑色ですね。子どもたちが松の葉のように生き生きと、そして、餓鬼岳のようにたくましく育ってほしいとの願いが込められています。
  

校章は学校を代表するものですが、代表するもののことを、よく「○○の顔」と言っています。では、「南小の顔」ってどういうことでしょう?
 
私たちは、相手の顔を見て、誰々君だとわかります。手や足だけを見て誰だかわかるのは難しいですよね。顔を見て、○○君とわかり、○○君は優しい人だとか、○○さんは掃除を一生懸命する人だと記憶します。顔というのは、その人を代表するところなんですね。

では、「南小の顔」というのは誰のことでしょう?その人を見れば、南小のことがわかる人のことです。

「南小の顔は皆さん一人ひとり」です。学校でお客様に会ったとき、スポーツや音楽などの大会に出たとき、周りの人が皆さんを大町南小学校の児童だと知ったとき、いや誰もいないときでも、皆さん一人ひとりが大町南小学校の代表、つまり「南小の顔」なんです。


この子は、挨拶がよくできるな、ルールをしっかり守るな、明るい笑顔が素敵だな、熱心に学習しているな、と感じ、「ああ大町南小学校の子どもはみんなこうなんだなあ」、「いい学校だなあ」って思うんですね。

1学期も半分ほどが終わります。
255名、一人ひとりが、「南小の顔」として、これからも精一杯活躍してほしいと思います。                     







【今日の下駄箱】

5・6年生の下駄箱です。登校前の様子です。靴が大きいのでいっぱいいっぱいに収まっています。この景色を見るだけで、子どもたちが落ち着いて生活してくれていることがわかり「ホッ」とします。コロナ禍の中、変わらずチャレンジし続ける子どもたちに「ありがとう」


06:40
2021/05/13

みて きいて 感じて 判断して 交通安全教室

| by サイト管理者
〇交通安全教室を実施しました。5月13日(木)


子どもたちのエネルギーが雨雲を吹き飛ばしました。予定通り、コロナ対策を万全に交通安全教室を実施しました。












大町警察署の皆様、市の交通安全指導員の皆様からも手厚くご指導をいただきました。刻々と変わっていく道路事情に柔軟に対応していけるよう、「みて」「きいて」「感じて」「判断して」歩行や自転車に乗ってほしいと思います。

全校の子どもたちが、今日の教室を契機に、交通ルールを遵守し、安全に気をつけて正しい歩行や自転車乗りに心掛けてくれるよう願っています。





【今日の下駄箱】

気持ちのよいあいさつが飛び交う朝の昇降口。下足を丁寧に下駄箱に入れている1年生の様子です。どの子もどの子も自然にかかとをそろえています。「先生に教えてもらった」と一言。当たり前のように靴のかかとをそろえている1年生に「ありがとう」

07:49
12345

新着情報

 
Copyright (c) 2019 大町市立大町南小学校