大町市立大町南小学校
〒399-9101 長野県大町市常盤3543-1 TEL:0261-22-0521 FAX:0261-22-0647 E-Mail:minamisho@minamisho.city-omachi.ed.jp
 

学校日記

学校日記
12345
2019/11/13new

校長講話 なかよし月間にちなんで 金子みすゞ「こだまでしょうか」

| by サイト管理者
 

























 


 
 今朝は校長講話がありました。
 風邪やインフルエンザが広がらないよう、また少しでも温かい環境で行いたいと、今日はプレールームで実施しました。

 冒頭では、11月から給食室でお世話になっている、新しい調理員さんを子どもたちに紹介しました。全校のみんなで「よろしくお願いします」とあいさつを交わすことができました。

 続けて、学校長から「なかよし月間」にちなんで、金子みすゞさんの「こだまでしょうか」という作品をもとにお話をいただきました。

 金子みすゞさんは生涯で512篇の詩を残されましたが、その全篇を優しく包み込むような作品が、この「こだまでしょうか」です。この詩で一番注目したいのは最後の「こだまでしょうか」という呼びかけに対して「いいえ、誰でも」と答えている末尾の一文です。学校長は最後の一文を「いいえ、〇〇〇〇」と示し、最後に入る4文字はなんだと思いますか? と問いました。多くの子どもたちが思い思いに言葉を発していました。「と・も・だ・ち」という声が多かったように思います。「正解は、だ・れ・で・も」です・・・と続けると、会場がざわつきました。

 よいことも悪いことも、投げかけられた言葉や思いに反応するのは「こだま」だけではなく、万人の心がそうだと、みすゞさんは言っているのですね。過日の台風19号で、県内の多くの学校が被害を受けました。この詩を今日、あらためて耳にした私などは、被害にあわれた学校の皆さんが味わった悲しみや辛い思いに対して、「こだま」する自分でいられたかどうか、思わず考え込んでしまいました。

 「こだま」というのは、投げかけられた言葉が、山からそのまま返ってくるのですから、まるで大自然の懐に包まれたような安心感を生み出し、私たちの心を優しくしてくれるのですね。

 今日、子どもたちは、この詩に触れ、心の中で何度も何度も「こだま」しているうちに、どこか優しくなれた自分を見つけることができたのではないかと思います。最後には、この詩にメロディーを付けた素敵な歌も紹介していただきました。

 「ことばには、すごい力がある」ということを、今朝の校長講話を通して、あらためて教えていただいたように思いました。

【今日の下駄箱】
北アルプスも雪景色となりました。今朝も寒さに負けずに登校してきた子どもたちの下駄箱です。見事にかかとがそろっていますね!
毎日元気に登校してくれる子どもたちに「ありがとう」
 
 

 

08:48
2019/11/09

すっきり! 一層さわやかな南小に! 秋のPTA作業

| by サイト管理者




















濃霧の立ち込める早朝から、大勢の保護者の方、コミュニティースクールのボランティアの皆様、学校運営委員会の皆様、そして6年の子どもたちと職員で、秋のPTA作業を行いました。日頃、なかなか手が行き届かないところを徹底的にきれいにしていただきました。

毎年のことながら、本校のシンボルである松林を管理していく上で欠かせない「松葉集め」も多くの手を借りて行いました。あちこちに、うず高く落ちて積もっていた松葉が一気に片付きました。

あっという間の90分。心地よい汗が流れ、終了後にみなさんでいただいたお茶の味は格別でした。これからいよいよ冬を迎えますが、すっかりきれいになった南小で、また子どもたちが元気に過ごせることに感謝したいと思います。ありがとうございました。

【今日の下駄箱】
今日は休日。やっぱり下駄箱もすっきりしています。来週も元気に登校してくれる子どもたちに「ありがとう」

08:33
2019/11/06

挑戦しよう、やってみよう の具現の場 マラソン大会

| by サイト管理者













今日は雲一つない快晴。絶好のマラソン日より。
マラソン大会への取り組みを通して、長い距離を走り抜く体力を培うとともに、自ら意欲的に取り組もうとする態度や、最後まで粘り強く走り抜こうとする態度を育てたいと考えております。ありがたいことに、本校では、あたりまえのように、年間を通して「松林マラソン」が行われています。その一年間の積み重ねの成果が、今日、見事に現れていたと思いました。
1・2年生は校庭1周 松林1周 校庭1周の1080m。
3・4年生は校庭1周 松林2周 校庭1周の1740m。
5・6年生は校庭1周 松林3周 校庭1周の2400m。

このコース沿いには、大勢の保護者の皆様、祖父母の皆様、地域の皆様、保育園の園児の皆さん・・・と大声援が飛び交っていました。南小学校コミュニティースクールのボランティアの皆様や、学校運営委員会の皆様にも駆けつけていただき、今まで声援の少なかった西側に立っていただき、子どもたちの背中を押していただきました。

大勢の皆様のお支えにより、見事に走りきった子どもたち。たくましくなったなあ、とあらためて実感した1日となりました。

【今日の下駄箱】
一番はじめにゴールした5年生の教室に戻った直後の下駄箱です。疲れているのに、かかとはピシッとそろっています。こうやってどんなときも下駄箱がそろっている南小の子どもたちに「ありがとう」

11:39
2019/10/30

自ら関わり学び合う子どもの育成 体育科の授業から学ぶ

| by サイト管理者























大町南小学校では、現在「なかよし月間」および
「マラソン旬間」中です。友だちの「よいところ」
を見つけては花びらに書留めて、模造紙に貼って
いきました。現在、廊下に掲示され、全校で見合っ
ています。また、来週の11月6日(水)のマラソ
ン大会に向けて、松林マラソンも一層盛り上がって
きています。

そんな中、職員は、体育科の授業を通して「学び合
い」を行いました。私たちにとっての大事な研修の
場であります。「自ら関わり学び合う子どもの育成
」をテーマに掲げて研究を進めておりますが、今日
の5年と6年の体育科の授業は、まさに「挑戦しよ
う、やってみよう!」という意欲あふれる時間だっ
たと思います。あるときはペア同士でアドバイスを
しあい、あるときは班のメンバーで互いのよさを伝
え合う。見て比べ、「動きのポイント」や「練習方
法」が子どもたちにもわかる授業でした。子どもた
ちが主体的にどんどん目標に向かう姿、練習をどん
どんする姿。両担任も、大小様々な手立てを準備を
し、あたたかい眼差しと一緒に適切な声がけをされ
ていました。全職員がおおいに学ぶことができまし
た。明日からの全学級における体育の授業に今日の
学びを生かしていきたいと思います。

【今日の下駄箱】
1年生の下駄箱です。いつ行ってもきれいにかかと
がそろっている1年生。
自慢の子どもたちに「ありがとう」



12:20
2019/10/18

あっぱれ6年生 担任も100点を付けた修学旅行

| by サイト管理者




















10月17日(木)18日(金)と6年生が修学
旅行に行ってきました。台風19号の影響で、上
信越道も中央道も途中通行止めとなり、思案しな
がらの2日間でした。多少の時間変更はあったも
のの、当初計画していた日程をすべてこなしてき
ました。
6年生の姿から
①人の話をよく聞く子どもたち
②めりはりのある子どもたち(学ぶ時は学ぶ 楽
しむ時は楽しむ)
③時間を守る子どもたち
④体調を崩すことなく最後まで笑顔の子どもたち
先生方の姿から
◎担任はもちろん、引率した全職員も心から旅を楽
しんでいた姿。

添乗員の方々、そして卒業文集の編集のため帯同し
てくださった写真館の方のお力添えも、大変ありが
たかったです。帰校後に担任の口からは「150点
でいいと思います」という頼もしい言葉が飛び出る
と、もう一人の担任は「私は151点でいいと思い
ます」と続け、職員室が温かい笑いに包まれました。
遅い時間にもかかわらず、学校に到着した際には大
勢の保護者の皆様、そしてほぼオール職員が出迎え
てくださり、子どもたちはもちろん引率した職員も
感激してしまいました。「チームみなみ」のすばら
しさをあらためて実感しました。

6年生は、この2日間の学びと経験をいかし、輝し
い巣立ちの時、卒業式にむけてのカウントダウン、
残された一日一日を大切にしながら、かけがいのな
い仲間と一緒に更に一層の成長をしていってくれる
ことを願っています。
本当にお疲れ様でした。最高の修学旅行となりまし
た。本当にうれしいです。

【今日の下駄箱】
6年生の留守を守ったみなさんの下駄箱。今日もき
れいです。留守を守ってくれた子どもたち、立派な
修学旅行のできた6年生に
「ありがとう」

22:31
2019/10/11

朝霧裕さんをお迎えして 人権を考える市民の集い

| by サイト管理者



本日、14:00より、南小学校体育館にて「人権を
考える市民の集い」が行われました。今日の講師は
「ダッコ」さんこと朝霧裕さん。ウエルドニッヒ・
ホフマン症という難病を持って生まれましたが、多く
の人と出会い、いろんなことに挑戦しながら「個々の
命のありよう」を自己と他者が尊び合える世の中をめ
ざし、ご講演やコンサートをされています。朝霧さん
の一言一言が心に染みました。

不自由から自由へ。生きる苦しみから喜びへと向かう
ための底力をいただきました。3年生以上の子どもた
ちと100名を超える地域の方々が「ひとつ」になれ
たすてきな時間でした。

「ダッコ」さん。本当にありがとうございました。ま
たお会いしたいです。

大町市教育委員会生涯学習課の皆様、常盤公民館の皆
様、区長会長様、老人クラブ会長様、人権推進協議会
の皆様 南小PTA会報・教養部の皆様、お力添えに
感謝します。ありがとうございました。

【今日の下駄箱】
やっぱり今日もパーフェクト。
今週の子どもたちに心から「ありがとう」


16:07
2019/10/04

充実の1日 天気も味方して 2年5年6年

| by サイト管理者





















◇2年 仏崎観音寺への秋の遠足
◇5年 稲刈り
◇6年 芸術文化ふれい事業


天気予報はあいにくの一日、とのことでしたが、南小の
パワーで雲を吹き飛ばしてしまいました。1年生が仲良
く遊んでいますね。

2年生 遠足に出発です。すっかりお兄さんお姉さんに
なった子どもたち。出発の会も子どもたちだけで進行し
ていきます。列もきれいに並んで歩いている姿立派です。

5年生 今日は稲刈り。教室で稲の狩り方や縛り方を学
んできたこともあり、手際よくどんどん作業がすすみま
す。昨晩の雨で稲が倒れてしまいましたが、そんなこと
はなんのその。たのもしい5年生です。

6年生 大町市文化会館の「2019芸術文化ふれい事業」
として、音楽室でプロの演奏家の奏でるメロディーを目
の前でお聴きしました。今回来校されたのは、3名です。

・クラリネット 小谷口 直子さん
・ピアノ    塩見 亮 さん
・チェロ    北口 大輔さん

6年生は豊かな感性を一層磨くことができました。

実りの秋。充実の一日。


【今日の下駄箱】
3年生の下駄箱です。◎ですね。今日も子どもたちに
「ありがとう」

09:14
2019/10/03

思いを込めて歌う 

| by サイト管理者








子どもたちは毎日、進歩・前進しつづける
私たち教職員も、一生学び続ける存在でありたい・・・・・



今朝は全校音楽。U&I というすてきな曲を歌います。

音楽の先生が、映像を示しながらポイントを押えます。
歌声が変わります。『心情』についても語ります。また
また歌声が良くなります。子どもたちは一瞬のうちに、
進歩・前進・成長していきます。先ほどまで出せなかっ
た歌声を「今」出せるのです。

しかし、その歌声を引き出しているのは音楽の先生の
指導にあります。私たちは、子どもたちの内にある可能
性を、適切な指導によって引き出してあげる使命があり
ます。そのために、私たち教職員も一生学続ける必要が
あります。子どもたちにとって、より質の高い学びとな
るよう、我々も精進を怠らずに頑張りたいと思います。

【今日の下駄箱】
今日は5・6年生の下駄箱です。どうですか。靴も大き
くて、小さな下駄箱からはみ出してしまいそうですね。
でも、きちんとかかとをそろえてくれてあります。今日
も子どもたちに
「ありがとう」

13:07
2019/10/01

美しい花々に見守られて「松林マラソン」 

| by サイト管理者






本校の合い言葉「挑戦しよう、やってみよう!」を具現化
する一つに「松林マラソン」があります。登校してきた子
どもたちは、自分で決めた目標に向かって、松林の中にあ
るコースを走ります。体育の授業のはじめにもウォーミン
グアップを兼ねて走ります。その横で、今が見頃の花壇の
花々が静かに子どもたちを見守ってくれています。


【今日の下駄箱】
今日は、長野市へ社会見学に出かけた4年生の下駄箱。上
はきがピシッとそろっています。きっと今頃、善光寺さん
で県庁で信濃毎日新聞社で、充実した見学をしているんだ
ろうなあ。

今日も、輝いている子どもたちに「ありがとう」
 

 

 

 

 

 


14:12
2019/09/26

校庭いっぱいに 挑戦しよう、やってみよう! 大運動会 

| by サイト管理者
運動会の映像.pdf
  ⇑ 現在、写真のUPがうまくいきません。こちらのPDFをご覧ください。
    校庭いっぱいに 挑戦しよう、やってみよう! 運動会

9月21日の土曜日は、天気が心配でしたが、休憩時に小雨となっ
た以外、競技にはまったく影響がなく、気づいてみたら、ほぼ全て
の種目を実施することができました。まさにミラクル運動会となり
ました。当日を迎えるにあたり、地域や保護者の皆様に多方面にわ
たりご理解とご協力をいただき、本当にありがとうございました。
また、グランドいっぱいに響き渡るご声援をいただきまして心より
感謝申し上げます。ありがとうございました。

実際の諸競技では、感動の場面やエピソードがたくさん生まれた、

 思
い出に残る運動会となりました。何より、全校児童がひとつに
 なって創り上げた運動会だったと思います。

昨年に引き続き2回目の午前開催の運動会といたしましたがいかが
 だったでしょうか。また、お声を寄せていただければと思います。

運動会の成果を、これからの日々の学習や修学旅行・社会見学・遠
 足・マラソン記録会などの行事にいかしながら、「豊かな実りの
 秋」を目指してまいりたいと思います。

【今日の下駄箱】
運動会が終わりホッとしているところですが、子どもたちは次なる目
標に向かってすでに前進しています。心強いです。今朝の高学年のあ
るクラスの下駄箱です。やっぱりパーフェクト。今日も、子どもたち
「ありがとう!」


11:26
12345

新着情報

 
Copyright (c) 2019 大町市立大町南小学校