大町市立大町南小学校
〒399-9101 長野県大町市常盤3543-1 TEL:0261-22-0521 FAX:0261-22-0647 E-Mail:minamisho@minamisho.city-omachi.ed.jp
 

学校日記

学校日記 >> 記事詳細

2021/08/20

2学期の始業式を行いました。

| by サイト管理者

〇2学期の始業式を行いました。

いい天気です。久しぶりに太陽が輝いています。
今日は暑くなりそうです。



朝の涼しい時間に、2学期の始業式を行いました。



はじめに、1・4年の代表児童による「夏休みの思い出」「2学期の決意」等の作文発表がありました。二人とも落ち着いて堂々と、自分の思いを発表してくれました。全校から大きな拍手がおきました。



つづいて、校長講話がありました。
どの子も真剣に聞き入っていました。


<j校長講話>

いつもこころに「みて きいて」

昇降口前のメイン花壇が、地域の方々のお力できれいな姿を保っています。感謝したいと思います。



 
さて、1学期の終業式でお話をした奥原希望選手が、東京オリンピックでよく頑張っていましたね。準々決勝で惜しくも敗れてしまいましたが、世界でベスト8に入るということ自体素晴らしいことだと思います。試合後奥原選手が「また、新たな一歩を次に向けて進んでいけたらいい」と言っていたのが印象的でした。今後の活躍を応援していきたいと思います。

さて、教室にこんな掲示物がありますね。「よく学ぶ子」については以前にお話をしました。今日は「いつもこころに みて きいて」について触れてみたいと思います。

どうして「いつもこころに みて きいて」なんでしょう。私たちは何かを一生懸命やっている時や自分の考えや思いを話している時は、きちんとみてもらいたいし、しっかりきいてほしいですよね。自分が話をしているのにきいてもらえないと「無視するな」とつい言いたくなります。これは誰でも同じ気持ちです。


7月に、5年生の授業を見せてもらっている時、話している人にみんなが向いてしっかりきいている場面がありました。みんなの目が話している人に向いていますね。きっと他のクラスでも同じような場面があると思います。

 「みて きいて 」ということが学習や友だち関係を作る上でとても重要だということは、皆さんもきっと気づいているのではないでしょうか。

よく見ると、2つ疑問がわいてきます。


〇1つめ。どうして「みて きいて」は、ひらがななんでしょう?

低学年でも読めるようにするためだと思うかもしれません。でも「見る」は1年生で、「聞く」も2年生で学習するので、漢字で書いてもそれほど抵抗はないと思います。ひらがなで書いているのは、こんな訳なんです。


 (見る 観る 看る 診る)これ全部「みる」と読むんですね。一つ一つの意味については教室で先生と確認してみて下さい。「みる」にはいろいろな「みる」があるんです。そのどの「みる」も大切で、その時に応じてしっかりみてほしいという願いがあるので、ひらがなになっています。

同じように、(聞く 聴く 訊く)どれもきくと読むんですね。でもそれぞれ意味が違うんです。それも先生と確認してみてください。


〇2つめの疑問。
どうして「みる きく」としないで、「みて きいて」にしたのでしょう? 



それは、「みて きいて」には、まだ続きがあからなんです。
「みて きいて 考えて 対話して また考えて 判断して・・」と私たちはその繰り返しの中で学んでいるんですね。
 
さあ二学期の始まりです。

「いつもこころに みて きいて」で、
2学期も、みんなで学んでいきましょう。 
                                    






【今日の下駄箱】

校舎に子どもたちの声が戻ってきました。朝一番に登校してきた高学年の児童たちの気持ちのよい「おはようございます」のあいさつに心が洗われる思いがしました。
大きな荷物の中から取り出した「真っ白な上はき」に足を通し、下足を丁寧に下駄箱に納めていた子どもたち。今日からまた、たくさんの「まなび」を積み重ねていきましょう。
元気に2学期のスタートを切ってくれた子どもたちに「ありがとう」


06:31

新着情報

 
Copyright (c) 2019 大町市立大町南小学校